懐かしきあの冒険、再び!             2D型MMORPG「tree of savior」

Sponsored
戸田

『Tree of Savior(ツリー・オブ・セイヴァー)』は、どこか懐かしいトップビュー(見下ろし視点)の2D型MMORPGです。

 

ドット絵風のかわいらしい絵柄が懐かしさの秘密。

そこに最新の技術が加わることにより、滑らか且つ多彩なモーションでゲームを楽しむことができます。

 

また、『Tree of Savior』は数々の名作を世に出してきたキム・ハッキュ氏が率いるIMC GAMESが開発したPCオンラインゲーム

 

壮大な冒険の没入感とドット絵風の演出は、RPGが輝いて見えた子供の頃を思い出すように遊べること間違いなしです。

 

 

魅力満載!『Tree of Savior』ってどんなゲーム?

 

戸田2

 

『Tree of Savior』の魅力の一つともいえるのは、高品質なサウンド!

 

オンラインゲーム業界で高い評価を受けているサウンドクリエイターが多数終結し、現在すでに160曲以上の高品質な珠玉の名曲群が実装されシーンを盛り上げます。

 

さらに、探究心をくすぐるクエストを多数実装しており、マンネリ化することなくどんどんハマってしまいます。

 

そして、MMORPGなので、リアルにプレイしているプレイヤーとのチャット機能など、飽きずに楽しめる要素を詰め込んだ最高のゲームです。

 

 

懐かしさを感じるこのゲームのストーリーは?

 

 

気になるゲームの内容は、リトアニア神話をベースとしたファンタジーの王道を行く世界観。

 

王国は、女神たちの失踪後に暴走した神樹により覆われた闇へと没して4年。

 

闇に包まれ滅亡に向かって回り始めた世界で、主人公は女神の声に導かれ「啓示者」の1人としてゲームの地に降り立ちます。

 

はたして、女神失踪の謎を解き明かすことができるのか、そして世界を救うことができるのか――!?

 

 

50を超える個性的なクラス!君はどのタイプを選択する?

 

ToS_SS_002

 

 

『Tree of Savior』は、ソードマン、アーチャー、ウィザード、クレリックの4系統からキャラクターを選びます。

 

「ソードマン」は強靭な身体と様々な武器を使って近くに押し寄せる敵を倒すことに特化した戦士です。

 

「アーチャー」は弓と様々な補助装備を活用して遠距離戦闘に特化したクラスです。真正面から戦うよりは距離をおいて敵を翻弄するタイプです。

 

「ウィザード」は、魔法で相手の攻撃を阻止したり、瞬間的に多数の強力な攻撃を浴びせたり、複数の敵に広域攻撃をしたりすることができます。

 

「クレリック」は女神の恩恵による仲間の治癒、そして保護魔法を操り敵にダメージを与えることもできます。

 

この4系統からレベルアップをするごとに50以上の個性的なクラスを選択することができます。

 

1人のキャラを作ったら終わりではなく、複数のキャラを同時に作れば楽しさ倍増です。

 

プレイ

 

 

300以上のスキルを使いこなせ!

 

図1

 

『Tree of Savior』には、それ以上に、300以上のスキルがあるのも魅力の1つです。

 

たとえば、アーチャークラスでは敵と正面切って正々堂々戦うと高い確率で囲まれて袋叩きにされます。

 

巨大なボスキャラ相手に弓をいくら強化しても他の系統と比べると戦いにくい。そこで、スキルです。

 

たとえば、クレイモアというスキルを使えば爆弾を設置して爆発させることで大ダメージを与えることができるのです。

 

しかも、スキルは組み合わせることでさらに新しい効果を生むこともあります。組み合わせ次第で戦局を大きく変えることができるはずです。

 

『Tree of Savior』の魅力は多数ありますが、プレイしてみるとその美しさにヤラれます。

グラフィックの美しさ、キャラデザインの美しさ、そして、音楽の美しさです。

 

ストーリーもどんどん進めたくなり、特にボス戦はスリルがあって面白かったです。

 

あなたもこのゲームの魅力にハマってみませんか?

 

プレイ

 

友達にシェアする!