【丸山弁護士推薦】弁護士を味方につけて、お金や家族を守る方法

Sponsored
1

夫婦間の「モラハラ(モラルハラスメント)」や、職場での「パワハラ(パワーハラスメント)」など、離婚トラブルや職場トラブルの原因が多様化している昨今。

 

平成26年度の年間離婚数は222,107組(※1)、年間総合労働相談件数は1,033,047件(※2)となっています。

 

この数字は実に夫婦なら約3組に1組が離婚しており、被雇用者なら約45人に1人が雇用トラブルに巻き込まれている計算になります。

※1 厚生労働省「平成26年度人口統計の概要」より

※2 厚生労働省「平成26年度個別労働紛争解決制度施行状況の概要」より

 

実際に訴訟までは起こっていなくても、自分自身が被害者、あるいは加害者になりかけた経験がある人は少なくないのではないでしょうか?

 

もしトラブルに巻き込まれた際に、必要となるのが弁護士の存在。

 

弁護士に依頼をした場合、費用がいくらくらいかかるか調べたことはありますか?

 

弁護士費用の相場は?

 

2

 

案件により金額の幅が大きいですが、かなり高額な費用が発生することを覚悟しなければいけません。

 

昨今、弁護士が必要な場面が増えているのに、弁護士に関する知識がないがために、いざというときに費用を捻出できない、アンバランスな状況が生まれています。

 

そこで今人気を集めているのが弁護士保険です。

 

 

弁護士保険とは?

 

3

 

弁護士保険とは突発的な事故被害などにあった場合に、弁護士への相談料や委任費用を「保険金」として支払う保険。

 

まだ国内ではあまり知られていない仕組みですが、ドイツやイギリスを中心とした海外ではすでに広く活用されています。

 

 

国内の弁護士保険を選ぶなら

 

4

 

弁護士保険の中でも、単独型弁護士保険保有契約数ナンバー1のMikataは補償の幅が広く、保険料も良心的なので使いやすそうです。

 

テレビでおなじみの丸山弁護士もMikataを推薦しています。

 

5

 

僕はこれからの日本について、「Mikata」に加入していることが当然の世の中になってくると思うんです。日本での法的トラブルは、数え切れないほどあります。そんな時に、このサービスは強いミカタになると思うんですよね。

 

丸山弁護士がMikataに加入していることが当然の世の中になると言ってくれると、新しい仕組みでも安心ですよね。

 

また、丸山弁護士が特におすすめしているポイントはMikataに加入すると発行される被保険者証とステッカー。

 

6

 

弁護士保険の「Mikata」のポイントは、保険証や、玄関に貼れるステッカーを持てるようになるので、これは物理的に効果を発揮する。想像してみてください。

「私、弁護士保険に入ってるんですよ」

この一言はひじょ~~に強烈だと思いませんか?笑

 

押し売りや勧誘をステッカー一枚で防げるのはたしかに便利ですよね。

 

7

 

丸山弁護士以外にも、テレビ番組で有名な大渕弁護士、石渡弁護士がこのMikataを推薦しており、専門家のお墨付きであることがわかります。

 

8

 

9

 

また、Mikataに加入していれば直接無料で弁護士に相談をすることができます。

 

10

 

さらに弁護士だけでなく、看護師や社労士など、各種専門家にいつでも相談ができる「24時間悩みごと相談ダイヤル」もセットになっています。

 

11
12
これらのサービス込みで、Mikataは月額保険料2,980円。この保険料で年間支払限度額500万円、通算支払限度額1,000万円の補償を受けることができます。

 

Mikataに加入することでいくらくらい損害を防げるのか、どんなトラブルまで対応できるのかなど、詳細は下記のページでご確認ください。

 

>>Mikataの詳細を見てみる

 

日本では弁護士の敷居の高さゆえに、トラブルの被害にあっても泣き寝入りしてしまう人が大勢います。

 

それは確実にしなくていい損です。

 

この機会に弁護士保険について理解を深め、身近な安心を手に入れてみてはいかがでしょうか?

 

13

 

 

Sponsored byプリベント少額短期保険株式会社

PV2017営推008201706

友達にシェアする!