巷でHOTな動画配信サービス!迷ってしまう人の為の究極の選び方!

Sponsored
pixta_20794024_M

突然ですがアナタ、迷っていませんか?

 

実は迷って、いませんか?

 

ここまでたどり着いてしまったアナタは、意識か無意識かにはかかわらず迷っているはずなのです。

 

そう・・・、動画配信サービスの正しい選び方に!!!!

 

群衆心理学的に言うと、昨今の動画配信サービスは比較すれば比較する程に迷ってしまう構造になっています。なんてったって、基本的にどの動画サービスも根本的には似たようなものなので、そもそも選ぶ際の基準はそこまで多くないのです。

 

だがしかし!!

 

そんな動画サービスに関して動画市場競争世紀とも言わんばかりの白熱度合でプロモーションを繰り広げるワケですから。我々消費者からしてみては ホワー―ッツ!?な状態になってしまうのです。

 

だがしかし!!

 

そんな迷える子羊一歩間近、もうレンタルビデオ屋に行けばいいや!なんて思っているあなたの為に、少し前まで迷いに迷っていたこの私が究極の選択方法を伝授して差し上げましょう。

 

この”究極の秘訣”さえつかんでしまえばあとはカンタン。それを元にあなたは自分でもびっくりするほど鮮やかに、そして迷う事なく今後使っていく動画配信サービスを選択する事が出来るようになるでしょう。

 

知られざる究極の秘訣とは

動画配信サービスのとても良いポイントとして、どのサービスも開始から約一ヶ月程の無料体験期間が設けられているという点にあります。なので、取りあえず始めてみてからこの期間中にチェックポイントをしっかり見極めて自分に合ったサービスを選びましょう。

その際、ビギナーでもべテランになっても、気にするポイントは実はたった二つ。

料金設定(月額料金+追加料金)

充実コンテンツ(見たいカテゴリ×コンテンツ数)

 

料金設定の違い

動画配信サービスの料金設定には、いくら見ても料金が変わらない月額式見放題に加えて一本見る事に追加料金がかかるコンテンツ課金が存在します。

全コンテンツが月額課金のものもあれば、新作に関しては追加料金式のサービスを必要とするものが御座いますので、最初の無料期間をお試ししながら自分の見たいコンテンツがどちらに属すのかをしっかり確認してから選択しましょう!

 

充実コンテンツの違い

動画配信サービスには配信数だけで見ると数千~数十万と膨大な量の動画がストックされておりますが、よくよく使ってみると、それぞれのサービス毎に、カテゴリーの違い新作の保有数の違いが御座います。

代表例としては、U-NEXT等は月額金額面だけ見ると1990円と他社より高く見えますが、新作視聴ポイントが毎月1200ポイント付与されていたり、カテゴリアダルトが充実しているなど随所に差別化をしているポイントが御座いますので、普段自分が良く見るコンテンツを軸に選択するとお得感を得られます!

 

さっそく主要3サービスを比較してみると

3案件用

なんとなく、違いは見えてきたかと思われますが、今すぐ始めてみたい方にとってはこれだけでは自分にジャストフィットしているかどうかまでは分かりませんよね!!

そんな方の為に、もう少し詳しく調べてました。

 

①最新作の配信数で選ぶなら…「U-NEXT」

U-NEXT最新バナー804x406今もっとも注目を集めている動画配信サービスといえば「U-NEXT」。

◆料金体系:月額1,990円(毎月1,200ポイント付与されるため実質790円)
◆動画本数:120,000本以上
◆無料期間:31日間の無料お試し可能+600ポイント付与
◆既存の12万本以上の在庫に加え、毎月2,000本以上を更新配信

新作がDVDレンタルと同じタイミングでリリースされます
ファミリーアカウント機能を使えば、1,990円のままアカウントは最大4つ
◆仲間とシェアも可能ですし、機器も4台で同時に視聴が可能です
ディズニー映画からアニメ、セクシーまで守備範囲が広い
◆70誌以上の雑誌も読み放題なので情報をいつでもどこでも手軽にチェックできます

最近では、NHK作品の配信もあり、大河ドラマ、朝ドラ、教育番組からニュースまで視聴できます

 

U-NEXT

 

②認知度と人気で選ぶなら…「Hulu」

キャプチャ◆料金体系:月額933円
◆動画本数:30,000本以上
◆無料期間:2週間無料

米国発の大人気定額制オンライン動画配信サービスの先駆け
◆2011年に日本でもサービスを開始してから高い人気を誇っている「Hulu」。
◆月額933円で全ての動画が見放題、追加料金無し!
◆海外作品や海外ドラマに強く、独占配信の海外ドラマやオリジナルドラマの配信も多い。
◆PCやスマホだけでなく、ChromecastやAmazonFireTVなどの接続型のHDMI端末にも対応
専用アプリ使い易く、通信状況に合わせて安定した画質に自動調整してくれます

 

hulu

 

③取りあえずは安く始めてから考える…「dTV」

キャプチャ2

◆料金体系:月額500円
◆動画本数:120,000本以上
◆無料期間:31日間無料

◆カラオケや音楽映像なども多数含まれている
dTVプレミアムイベントに参加できる
韓流ドラマの守備範囲が圧倒的に広い

全体的にニッチな分野を攻めている感はあるがとにかく安い点が特徴、何を見るか決めずに面白そうなものを探し見するような方にはまさにオススメ

 

おためしャ

 

どれも気になる動画配信サービスばかり。「気になるけど、実際に使ってみないとわからない…」なんて人は、まずは無料期間内だけ使ってみるのもアリ♪自宅や電車で、映画やドラマ、アニメ、セクシーをたっぷり楽しんでみてくださいね!

保存

保存

保存

友達にシェアする!

関連キーワード