動画配信サービスの選び方(Netflix,Hulu,dTV,U-NEXT,TSUTAYA TV比較してみました)

600 375 1stview

便利な世の中になりました。

映画やドラマを見たいと思ったら、昔はわざわざレンタルビデオ屋さんまで足を運ぶしかありませんでしたし、いざお店で借りようとしたら既に貸出し中だったり・・・。延滞すると延滞料金もかかるし。

 

それが今ではネットにつながる環境であれば、いつでもどこでも見ることができます。スマホでもパソコンでも見ることができます。

しかも月額定額で見放題。

 

こうしたサービスを「動画配信サービス」といいます。

ちょっと調べただけでもHulu(フールー)U-Next(ユーネクスト)dTV(ディーティービー)、TSUTAYA TV、Netflix(ネットフリックス)などなど。

数が多すぎて「どれが自分にあったサービスなのかわからない」そんな人も多いようです。

 

今回は最近話題にのぼることが多い動画配信サービスを比較してみました。

 

ただ、初めにアドバイスしておくと
私の経験上、「まずは順番に登録して使ってみるのが一番良い」です。
どのサービスもだいたい2週間から1ヶ月間の「無料お試し期間」を設けています。
映画やドラマの好みは千差万別。洋画好きもいれば、邦画好きもいるし、海外ドラマが好きな人もいればアニメが好きな人も。
自分の好みに合うかどうかは、無料お試しの期間を上手に使って確かめるのが良いです。

と前置きが長くなりましたが、簡単に各サービスを比較してみましょう!

 

■料金が一番安いのはdTV

各サービスの最も安い料金プランを比較してみるとこんな感じです。
1位:dTV…500円/月(税別)
2位:Netflix… 650円/月(税別)
3位:Hulu…933円/月(税別)
4位:TSUTAYA TV…933円/月(税別)
5位:U-next…1990円/月(税別)

dTVがダントツで安いですね。

500円なので、HuluやTsutayaの半分程度の金額です。

ちなみにdTVはNTTドコモが運営している動画配信サービスです。

「え?じゃあドコモのケータイ・スマホからしか見れないの?」と思う方もいるかもしれませんが、安心してください。

インターネットにつながりさえすればパソコンからでもスマホからでも、携帯会社に関係なく見ることができます。

dTVトップ画像600 275dTVの公式サイトはこちら

 

U-NEXTは頭一つ料金が高いように見えますが、この金額には【1200円分のU-NEXTポイント】が含まれています。このU-NEXTポイントを使うと、最新作等が見れます。

(とはいえ他のサービスが1000円を切る中、ちょっと高いですよね。。。)

netflixに関しては、最近米国で値上げがありました。日本でも近々値上げされるかもしれませんね。

 

■洋画のコンテンツが多いのはU-NEXT

各社が公表している映画やドラマの本数には、「追加料金を払えば見れるもの」も含まれていたりして、微妙に比較しにくくなっています。

なので今回は「定額の見放題で見ることができる」「海外映画」の本数で比較してみました。

1位:U-NEXT 約1700本

2位:Netflix 約1400本

3位:dTV 約1000本

4位:Hulu 約750本

5位:TSUTAYA TV 約600本

U-NEXTがダントツで多いですね。ざっとタイトルを確認しましたが、比較的充実しています。(もちろん最新作は無いですが、これはどのサービスも同じです)

 

「白黒の映画を大量に並べる」「香港映画を大量に並べる」などの手法で本数を水増ししていたサービスもあるのですが、今のところU-NEXTはなかなか真面目に海外映画を提供してくれているようです。マニアックな作品から名作まで、幅広いラインナップなので、映画が好きな人には良いサービスです。

unext 600

U-NEXTの公式サイトはこちら

 

2位のNetflixですが、こちらは1400本ありますが、Netflixの独自作品やマイナーな映画が多いように見えます。実質的なところは、3位のdTVやHuluとそれほど違いが無い印象です。

 

■オススメの動画配信サービスは

 

★まだ動画配信サービスを利用したことが無い人にはdTV

やはり500円という低単価が魅力です。

海外の映画・ドラマ、国内の映画・ドラマ、アニメなど、そこそこコンテンツも充実しています。まだ動画配信サービスを利用したことが無いという方には、まずはオススメです。

31日間無料お試し期間があります。もちろん、無料期間中に解約すれば料金はかかりません。

見放題だけではなく、有料のコンテンツもあります。映画だと概ね1本300円~400円程度です。

また、一部作品は端末にダウンロードできます。

dTVトップ画像600 275dTVの公式サイトはこちら

 

 

★がっつり映画を見たい人にはU-NEXT

月額料金は高いですが、毎月のようにDVDをレンタルしている人にはU-NEXTがオススメです。

見放題だけなら約1700本、有料のタイトルも含めると約3000本あります。

有料のタイトルは概ね324円(税込)から540円(税込)程度です。毎月もらえるU-NEXTポイントは1200円相当分ありますので、見放題に加えて2,3本の新作を見ることができます。

U-NEXTにも31日間の無料お試し期間があります。期間中に解約した場合はお金はかかりません。

しかも、無料トライアル登録時に600円分のポイントがもらえますので、このポイントで有料タイトルを視聴することもできます。

unext 600
U-NEXTの公式サイトはこちら

 

■その他のサービスの特徴

 

★Hulu(フールー)

月額933円(税別)。2週間の無料お試し期間があり、その期間に解約した場合は料金はかかりません。

U-NEXTやdTVとは違って、見放題のみの提供で追加の有料コンテンツはありません。

他サービスと比較すると海外ドラマに強くて、世界的に大人気のシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ(Game of Thrones)」も見放題で見ることができます。(Netflix,U-NEXT,dTVでは配信されていません)。その他「ウォーキング・デッド」「ビッグバン・セオリー」など、人気のある海外ドラマはしっかり押さえています。海外ドラマを楽しみたい人にはHuluは最適かもしれません。

米国発のサービスですが、日本国内の展開に関しては日本テレビの傘下です。そのため、日本テレビで放映していたバラエティ番組やドラマなども充実しています。(期間限定ですが、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の「笑ってはいけない」シリーズなどもあります)

また、最近仕様が変わって、「ディスプレイと接続する場合は【HDCP】が必須」になりました。スマートフォンで見る分には問題ないのですが、パソコンで見る場合などは注意が必要です。HDMI接続ができない場合や、古めのディスプレイを使っている場合は見ることができない可能性もあります。

Hulu 600

Huluの公式サイトはこちら

 

★Netflix(ネットフリックス)

月額料金はプランによって3段階あり、650円/950円/1,450円です。同時視聴可能なデバイス数や画質で料金が変わります。

一人で利用するのであれば最低料金の650円のプランで十分です。

特徴としては、Netflixは独自コンテンツに力を入れていることです。昨年はNetflixのオリジナルドラマ4作品がアカデミー賞候補に挙がり、1作品が短編ドキュメンタリー賞部門で見事受賞しました。

ただ、米国で人気のオリジナル作品がまだ日本では見れなかったり、マイナーすぎる映画が多かったりと、日本版に関しては若干コンテンツ力は弱い印象です。

機能面では、dTVと同様に一部作品は端末にダウンロードが可能です。

Netflixも1ヶ月間の無料期間があります。

netflix600

Netflixの公式ページはこちらから

 

自分にあった動画配信サービスが見つかると良いですね。

ぜひいろいろ試してみてください。