「ヨーロッパ旅行、ツアーは嫌だけど、計画する時間もない…」 そんな忙しい大人のヨーロッパ周遊はセミセルフで楽しもう!

Sponsored
4509e58c644180649d8f814fe52439be_s

ヨーロッパ旅行は大人に許された数少ない贅沢の一つ。

 

一生懸命働いて貯めたお金を使うのだから、ちゃんと計画して旅行を充実させたい!

 

と思いつつも忙しくてなかなか準備ができない…

 

そんな経験、社会人なら一度や二度は必ずあるのではないでしょうか?

 

準備ができなかった結果、カツカツにスケジュールが組まれたパッケージツアーを申し込んでしまい、忙しく観光地を淡々とまわる羽目になってしまったら最悪です。

 

だからといって学生時代のように色々な比較サイトを右往左往して、最安値の組み合わせを調べ上げる暇もない…

 

そんな社会人に必要なのはその中間のちょうどいい方法。

 

 

ダイナミックパッケージで行くロンドン、パリの周遊プランも合わせてどうぞ!

 

JAL海外ダイナミックパッケージとは?

 

 

DP

 

 

旅行の準備をするとき、一番時間をかけたいのは旅行先でどこへ行くか、どんなことをするか、というところではないでしょうか。

 

億劫な航空券予約とホテル予約がまとめてできるのは効率的です。

 

また、旅行中に別の国やホテルに泊まりたい場合は、中抜け宿泊も可能。

 

「1日だけ遠い観光地に行きたい!」

「現地の友だちの家に宿泊したい!」

といったニーズにも対応しています。

 

特にヨーロッパは、せっかく行くなら数か国周遊したいという人が多いはず。

 

中抜けする分の宿泊は自身で予約する必要がありますが、中抜け宿泊を使って、ロンドン観光だけど1日だけパリ、パリ観光だけど1日だけドイツ、なんてことも可能です。

 

「ヨーロッパはフライト時間が長いから疲れにくいシートで移動したい…」

 

という人にはプレミアムエコノミークラスがおススメ。

 

 

PY_SKY_PREMIUM_201803まで_id_files_23559

 

費用を抑えつつ快適な空の旅を過ごせる、これまた“ちょうどいい”クラスが用意されています。

 

 

まずは航空券とホテルを予約しましょう

 

ダイナミックパッケージの予約画面に必要な情報を入れるところから旅はスタートです。

 

1

 

※写真はイメージです

 

検索をすると最安値のフライトを自動で選んでくれます。

 

フライト決定後にお好みのホテルを選択すれば、面倒なフライトとホテルの予約は完了!

 

後は現地での計画を立てるだけです!

 

2

※写真はイメージです

 

ロンドン・パリ120%満喫コースを紹介!

 

AC-773E-01_s

 

さあ、いよいよここからは3泊4日で時間をフル活用してロンドンとパリを楽しむコースのご紹介です!

 

 

初日:ロンドン丸かじりコース

 

ロンドンの主な観光名所は比較的近いエリアに位置しているので、1日あれば充実した観光をすることができます。

 

・大英博物館

 

 

3

 

ロンドンに着いたらまず行っておきたいのが大英博物館。

 

「ロゼッタストーン」や「パルテノン神殿の彫刻」と、世界各国の発掘品が収められた大英博物館はその広さもワールドクラス。

 

なかでも、「古代エジプトのミイラ」は必見です。

 

また、大英博物館のlevel5(日本語だと6階)の最奥部は日本の展示コーナーになっています。

 

縄文・弥生時代の物品から始まり、近現代の東日本大震災の記録まで、日本の歴史をたどる貴重な品々が収蔵されています。

 

そして、日本コーナーの最奥部には宗教や地域信仰を題材にしたあの人気漫画が…!

 

ぜひその目で確認してみてください。

 

全て観ようとすると大変なので、入り口で館内ガイドをもらって、一番観たいものから優先順位をつけて効率よく回りましょう。

 

・ウェストミンスター寺院

 

4

 

 

 

ウェストミンスター寺院は英国国王の戴冠式を執り行う教会として歴史を歩んできた由緒ある建物。ダイアナ妃の葬儀もまた、ここで行われました。

 

大きな円形のステンドグラスは息を飲む美しさ。

 

寺院内の写真の撮影は禁止されているので、ぜひその目に焼き付けてください。

 

・バッキンガム宮殿と衛兵交代式

 

5

 

ウェストミンスター寺院の次はイギリス王室の宮殿、バッキンガム宮殿へ足を運んでみてはいかがでしょう。

 

ロイヤルファミリーがバルコニーでご挨拶をされている光景でお馴染みのあそこです。

 

見どころは真っ赤な制服と黒い帽子の兵隊さんの行進。

 

6

 

4~7月は毎日、それ以外の期間は1日おきに、衛兵交代を見ることができます。

 

11:30から行われますが、衛兵の行進は11:15に始まるので、それより前には到着しておくとよいでしょう。

 

・国会議事堂とビッグ・ベン

 

7

 

ロンドンで最も人気の観光スポット、国会議事堂とビッグ・ベンを初日の〆にするのはいかがでしょうか。

 

ライトアップされたその姿は、そう、ピーターパンで見たあの時計台そのまんま。

 

もし時間があれば、巨大観覧者ロンドン・アイからロンドンの夜景を一望するのもおすすめです!

 

8

 

2日目:中抜け弾丸パリ観光

 

初日にロンドンを満喫したら、2日目は中抜け宿泊を利用してパリに出かけてみましょう!

 

ロンドンからパリは高速列車ユーロスターを使って片道2時間半程度。

 

9

 

ユーロスターは最高時速300キロ(海底トンネル内は160km)の高速スピードを誇る国際高速列車。

 

ユーロスターは軽食、飲物などが購入できるビュッフェ車両やバー車両があるので、英仏海峡トンネルを通る海底の移動を快適に過ごせますよ。

 

また、このプランではパリに宿泊するので、午前中にパリに向かえば丸一日パリ観光を楽しむことができます。

 

・ルーブル美術館

 

10

 

パリといえば、ですよね。

 

「モナ・リザ」、「ミロのヴィーナス」、「サモトラケのニケ」など、世界的名作が観られるルーブル美術館。

 

上記3作品の他にも、「ナポレオン1世の戴冠式」やドラクロワの「民衆を導く自由の女神」など、フランスの歴史を刻む大作が集結しています。

 

各展示室には日本語の作品解説カードが設置されているので、作品の歴史や背景をその場で学びながら鑑賞できますよ。

 

また、ルーブル美術館は元々国王所有の城であり宮殿でした。

 

なので、美術品にあまり関心がない人でも、建物の荘厳な雰囲気そのものを楽しむこともできます。

 

大英博物館と同じ理由で、体力があるうちに観てしまうのが吉です。笑

 

全てを鑑賞しようとすると一日では足りないので、観たい作品に狙いを定めて鑑賞しましょう。

 

・ノートルダム大聖堂

 

11

 

続いてはこの建造物を題材にしたアニメ映画でもお馴染みのノートルダム大聖堂へ。

 

ゴシック建築の最高傑作といわれるノートルダム大聖堂。

 

その荘厳な姿を見ずにはパリを語れません。

 

正面側は混雑していますが、裏側の公園に行くと人も少なく、大聖堂の建築美をゆったり見ることができます。

 

さらに、アルシュヴェシェ橋まで行けば良いアングルで写真が撮れるので、撮影の穴場スポットとしておすすめです。

 

・凱旋門とシャンゼリゼ通り

 

12

 

ドシッと心に残る建造物を見た後は、軽やかにシャンゼリゼ通りをお散歩しましょう。

 

前半は緑や公園も多く、ゆったりとした雰囲気ですが、凱旋門に近づく中間地点にはシャネルやルイ・ヴィトン、ディオールなど、一流ブランドが路面店を構えるモンテーニュ通りにつながるロン・ポワン広場もあります。

 

シャンゼリゼ通りでショッピングを楽しんだら、いよいよ凱旋門に到着です。

 

13

 

言わずと知れたパリのランドマーク凱旋門。

 

ここで旅の記念の一枚を撮影しましょう!

 

・エッフェル塔

 

79688871f3f39af24302cc6510a2e319_s

 

夜は光り輝くエッフェル塔を観てロマンチックな気分に浸ってみては?

 

下から見上げるエッフェル塔の姿も素敵ですが、せっかく夜に行ったのならば、上に登ってパリの夜景を一望しましょう。

 

その光景はまるで映画の世界。

 

ぜひその目で堪能してください。

 

3日目:絵本の世界コッツウォルズへ

 

2日間でロンドンとパリを制覇し、この時点でかなりお腹いっぱいのヨーロッパ周遊になったのでは?

 

4日目はほとんど帰国するだけなので、実質3日目が旅行の最終日。

 

この日は朝ユーロスターでロンドンに戻り、コッツウォルズを訪れてみてはいかがでしょうか。

 

15

 

 

 

コッツウォルズはロンドンの西方約200kmに広がるコッツウォルドの丘陵地帯のことを指します。

 

コッツウォルズを訪れたら必ず足を運びたいのが、"英国で最も美しい村"とも称される"バイブリー"。

 

16

 

牧草地にはつみつ色の石造りの家々が立ち並ぶ光景は、まるで童話の世界。

 

コッツウォルズで最高地点となる標高約240m(約800フィート)に位置する村、ストウ・オン・ザ・ウォルドでは、雰囲気の良いアンティークショップやアートギャラリー、ギフトショップなどが軒を連ねているので、旅のお土産をここで求めるのもいいかもしれません。

 

 

 

17

 

ヨーロッパ有数の都市を弾丸で楽しんだ後、イギリスの静かで美しいカントリーサイドで休息するのは、真の贅沢という感じがしますね。

 

4日目:ゆっくり帰国

 

AC-772E-S05_s

 

イギリスから日本への帰国は13時間のフライト+時差9時間で、計22時間要します。

 

なので、最終日は帰路につくのみです。

 

旅の疲れをプレミアムエコノミークラスのゆったりしたシートで癒しましょう。

 

ロンドン・パリ、2都市周遊弾丸ツアーはここまで!

 

始め良ければ全て良し!

 

 

18

 

 

人間は何かを新しく始めるとき、始められた時点で80%終わっているなんていいますが、まさにそれを実感できたのではないかと思います。笑

 

 

 

 

友達にシェアする!