なぜ日本人はがんで死ぬのか?あなたのがんリスクを知り、がんを予防する方法

Sponsored
1

 

「日本は世界一長寿の健康大国。」

 

そう思っているのは世界で日本人だけかもしれない。

 

日本はがん大国

 

2

 

 

2016年に世界保健機構(WHO)が発表した世界保健統計2016によると、世界一の長寿国は日本で、男女平均寿命が83.7歳だった。

 

この数字だけ見ると日本人は健康なように思えるが、日本は世界一の長寿国であるとともに、先進国で唯一がんが原因で亡くなる人が増え続けている国でもあるのだ。

 

驚くべきことに、欧米では毎年約5%ずつがん死亡者数が減っているのに対し、日本では増加し続けているという。

 

なぜこのような違いが生まれてしまったのだろうか?

 

予防医療後進国日本

 

3

 

その答えの一つが、がん検診の受診率の違いだ。

 

たとえば子宮頸がん検診の受診率は、日本では30~40%だが、米国では84%だという。検診で見つかるような早期がんは9割以上が完治するが、進行した状態で見つかると死亡率が急激に高まる。

 

がん検診が普及していない日本の医療慣行が、多くの命を奪っているともいえるのだ。

 

4

 

上記の表からわかるように、がんは進行度(ステージ)によって5年後の生存率が大きく変わる。

 

乳がんの場合、ステージⅠで発見できると5年後生存率が99.9%、ステージⅣまで進行した場合は32.6%だ。

 

ステージⅠの乳がんは症状でいうとしこりの大きさが2cm(1円玉の大きさ)以下で、わきの下のリンパ節に転移していない状態。セルフチェックの習慣がないと発見が遅れてしまう可能性も高い。

 

また、乳がんはしこりというかたちで自覚症状が早期から出やすいが、他のがんはステージⅠでは自覚症状が出ない場合が多い。

 

医療技術が発展しがんが治る病気になった今、定期検査によるがんの早期発見が急務だ。

 

日本人の意識を変えるために

 

5

 

予防医療後進国の日本を変えるかもしれないサービスが話題になっている。

 

それががん予防メディカルクラブ「まも~る」だ。

 

「まも~る」は、がんのリスクを評価するリスク評価「Noah」と、健康サポートダイヤル、セカンドオピニオンサービスがセットになった、がん予防特化型のメディカルクラブ。

 

6

 

「まも~る」の最大の特徴は手軽、かつ安価でがんのリスク評価を受けられることだ。

 

がんのリスクを評価する習慣が命を救う

 

全身のがん検診は、検査に数十万円の費用がかかり、定期的に受診するにはハードルが高い。しかし症状が出てからの受診では手遅れになってしまうリスクが高まる。

 

そのジレンマを解決するのが、がんのリスクを評価するリスク評価「Noah」だ。

 

7

 

尿中のがん細胞由来代謝物と酸化物質を調べることで、がんのリスク評価ができるこの方法なら、自宅で問診票を記入して簡単な尿検査をするだけで、全身のがんリスクを測定できる。

 

そこで悪い判定結果が出た場合、医療機関で精密検査を行えばがんを早期発見することができるのだ。

 

8

 

 

カンタン検査を可能にした最新技術

 

9

 

がんのリスクを評価するリスク評価「Noah」で使用するのがALAというアミノ酸。ALAはミトコンドリアがエネルギーをつくるために必要なアミノ酸で、ALAの減少ががんの発症に関わるとされる。

 

「Noah」は、ALAの代謝異常の指標(ポルフィリン)と酸化ストレスによるDNAダメージ指標(8-OHdG※)の2つの指標を用いて検査をする。

 

※正式名称:8-hydroxy-2’deoxyguanosine

 

この最新技術が誰でも自宅で簡単にがんのリスクチェックをすることを可能にした。

 

「まも~る」の費用は

 

「まも~る」の費用はシルバープランなら月額3,480円(税別)、ゴールドプランなら5,980円(税別)。がんのリスクを評価するリスク評価「Noah」をシルバープランなら年1回、ゴールドプランなら年2回受けることができる。

 

一般的なメディカルクラブの会費は年会費20万円~50万円ほどかかるのに比べると、「まも~る」の費用はがん予防に特化している分、割安といえるだろう。

 

家族割引や、年間払い割引のプランもあるため、詳細は下記ページで確認してほしい。

 

>>「まも~る」の詳細を確認する

 

10

 

下記ページから無料で資料請求ができるため、自身のがんリスクが気になる方は資料請求から始めてみてはいかがだろうか?

 

>>「まも~る」資料請求ページへ

 

11

 

Sponsored by プリベントメディカル株式会社

 

 

友達にシェアする!