赤ちゃんは「つらい」と言えないから。もしものときのために使っておくべき育児記録アプリとは

Sponsored
1

赤ちゃんは自分の体調を親に伝えることができません。

 

そのため、赤ちゃんの体調がおかしいと感じたときには、ママがそれまでの様子をお医者さんに伝える必要があります。

 

しかし、忙しい育児のなかで昨日何回おっぱいを飲んだか、一昨日何回うんちをしたかなど、細かく覚えておくことは難しいでしょう。

 

そんなとき、育児日記をつけていれば、正確な記録をもとに赤ちゃんの体調のことをお医者さんに伝えることができます。

 

2

 

特に生まれたての新生児の期間の記録は重要。皆さんも産後の入院中に産院から赤ちゃんの様子を記録するよう指導されたと思います。

 

記録が必要な項目は?

 

ここで、記録しておいた方がいい項目をセルフチェックしてみましょう。

 

  • 体温
  • 排便排尿の回数
  • 睡眠時間や昼寝の回数
  • 食事(母乳、ミルク、離乳食)の回数や内容

 

いかがでしょうか?すべての項目の記録をとれていますか?

 

これらの項目を手書きで記録するのはなかなか大変です。

 

ただでさえ忙しい新生児の育児期に、さらなる手間をとるのはよっぽどマメな人でない限り難しいでしょう。

 

赤ちゃんのために育児記録をとらなきゃいけないけど、赤ちゃんのお世話が忙しくてなかなか記録を続けられない…

 

そんなお悩みを解決するために開発された育児記録アプリ、『育ログ』がいま全国のママたちの間で人気です。

 

3

 

『育ログ』とは

 

『育ログ』はシールを貼る簡単な操作だけで、日々の育児の記録ができるアプリ。

 

4

 




 

DL数は既に30万DLを超えており、子育てをするママには欠かせないアプリとなっています。

 

『育ログ』のいいところはその手軽さ

 

授乳中に片手でスマホを持ち、サッと入力することができるのでとても便利です。

 

illust1

 

ikulog_home

 

 

また、記録した体温や授乳量は自動でグラフにしてくれるので日々の成長や体調の変化を視覚的に確認することができます。

 

illust2

 

graph4

 

 

赤ちゃんの体調が悪くなり、病院を受診をしなければいけない時は受診準備の機能を使えば、スムーズに症状や直近の体調を説明することができますよ。

 

 

illust3

 

jushin2

 

また、日本外来小児科学会と共同で「こどもの健康情報」という子育てに役立つ情報が発信されており、育児のすき間時間に子育ての知識をつけられます。

 

illust4

 

信頼の受賞実績

 

育ログはマザーズセレクション大賞、KIDS DESIGN賞、GOOD DESIGN賞の3つの賞を受賞。

 

ママたちにとって使いやすく、必要性の高いアプリであることが認められています。

 

 

 

育ログは無料でダウンロード、利用することができます。

 

まだ使ったことのない方は、赤ちゃんのために育ログで育児記録をつけてみましょう。

 

赤ちゃんへの理解が一段と深まりますよ。

 




 

こちらもおすすめ

 

logo3
▼「予防接種スケジューラー」のダウンロードはこちら