英語習得は開始時期がカギ!0歳でも早くない!?

Sponsored
1

 

2018年現在、英語は小学5年生から必修科目になっていますが、2020年からは小学3年生からになることが決定しています。

3、4年生の英語の授業は、週1回歌やゲーム等で英語に親しみ、5、6年生の英語は基本的な英語の読み書き等、中学校の学習内容の一部も加わる見込みとのこと。

 

でも本当に英語を身につけることを考えたとき、小学3年生からこの学習内容で大丈夫?

そんな疑問を持つ小さなお子さまをお持ちのママ達のために、英語に触れ始めるべき時期と、開始時の学習方法をご紹介します。

 

何歳までに英語を始めるべき?

 

2

 

結論からいうと、言語は新生児から始めるのがオススメです。

赤ちゃんの喃語(「あー」や「うー」等の声)にはあらゆる言語の音が含まれていて、この時期は様々な音を聞き取る力がありますが、聞いていない音は聞き取る力がどんどん弱くなるため、この時期にネイティブの英語を聞かせることがとっても重要なんだそう。また0~3歳までは脳の発達も非常に活発なので、この時期から英語の音を聞いていると、日本人が苦手な英語の聞き取りも発話もスムーズにできるようになるとのこと。

早く始めるだけでこんなに有利になるなら、始めない手はありませんよね!

 

どうやって始めるのがよいの?最適な方法は?

 

教室やいろんな教材、選択肢はたくさんありますが、ここでオススメなのは

乳幼児向けの学習教材で圧倒的に支持をされている「ディズニーの英語システム」です。

 

3

 

英語を習得するには約2000時間もかかるため、それだけの時間をこなすには、日常的に英語に触れることが大切。となると、毎日飽きずに楽しめる教材を選びたいですよね。

 

数ある教材の中でも「ディズニーの英語システム」は、赤ちゃんからでも始められるように特別に開発された40年もの歴史ある教材で、その信頼を裏付けるNo.1を3つも獲得しています。

 

4

 

「ディズニーの英語システム」が支持される1番の理由は、遊び感覚で楽しむだけで、ネイティブのような会話力・ヒアリング力・文法が自然と身につくこと。

ディズニー・キャラクター達と一緒だから、子ども達も飽きずに続けられます!

 

また、教材以外にも会員制組織ワールド・ファミリー・クラブの会員になれば、全国で年間約2000回実施されているネイティブの先生による英語イベントに参加したり、無料の電話レッスンを受けることで、実際の英語のコミュニケーションを体験することもできます。

こんなサービスもあれば、英語がきっと好きになりそう!

 

5

 

これが無料!?こんなに豪華なサンプルがもらえちゃう

 

日本の早期英語教育のスタンダードともいえる「ディズニーの英語システム」。

 

ご希望の方には、気軽にお試しできる無料サンプル(DVD・CD・絵本)と

お風呂タイムが楽しくなる♪「お風呂でABCポスター」をプレゼントしてくれます。

これが、本当に無料でもらえちゃうの? という豪華なセットなのに、さらに送料・手数料等も全部無料!

 

6

 

申込方法はこちらから簡単な申込フォームを送信するだけ。

 

ご応募はこちら>>

 

人気の「ディズニーの英語システム」が無料でお試しできるチャンスです!

ぜひこの機会にお子さまの英語学習の第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?

 

 

©Disney

©Disney/Pixar

©Disney

Based on the “Winnie the Pooh” works by A.A. Milne and E.H. Shepard.