「肩・膝」の痛さは「服が着替えられなくなる」前兆?神経痛の予防を大公開

Sleepy stylish brunette businesswoman lying on her desk in bright office

「あれ、こんなに肩って上がらなかったっけ?」
「正座するのが最近辛い…」

ふとしたタイミングで、こんなことを感じることありませんか?
運動不足かな?今日はたまたま調子が悪いのかな?って思って放っておいても、一向に治らない…。

 

それは、関節痛・神経痛の始まりかもしれません。
その肩や膝の痛みを放っておいたまま、50歳、60歳になってより辛くなってしまう…そんな方が多くいらっしゃいます。

 

放っておくと、痛みで夜眠れなくなってしまったり、電車で吊り革を持てなくなってしまったり…
そんなに深刻な関節痛になってしまう前に、どうにか対応しておきたいと思いませんか?

そこで、今回は関節痛の初期症状を感じたときに対応するための方法をご紹介します。

 

関節痛は軟骨がすり減ることが原因

 

そもそも、なぜ関節痛が起きてしまうのか。

それは、軟骨の摩耗に原因があるのです。

 

軟骨は、骨と骨の間にあるやわらかい骨。

骨同士が擦れるときに、クッションになる役目があります。
その軟骨が、日常生活によって擦り減ってしまう。

そうして、骨同士がぶつかってしまうことにより痛みが発生するのです。

 

このようなことが原因で引き起こされる腰痛や肩こりは、

日本で10人に1人が症状を訴えており、身近な痛みなのです。
しかも、この軟骨を再生させることはなかり難しい…。

そのため、長い期間このような症状を我慢するしかない人が多いのです。

 

 関節痛を直すカギは「栄養と血流」にある!

 

すり減った軟骨を再生させることは難しい…。
ではどうするべきなのでしょうか?そのカギは「栄養と血流」にあります。

 

といっても、栄養をたくさん取ろう!という話ではありません。

適切な栄養を取り、それと同時に血流を良くしていかなければならないのです。

 

その適切な栄養とは、
フルスルチアミン塩酸塩
です。

 

初めて聞く人も多いと思いますが、

別名「ビタミンB1誘導体」とも呼ばれ、

ビタミンB1欠乏症の治療のために開発された物質です。
なんと!日本で開発された物質で、

日本以外にもスペインやアメリカでも製薬化された、

れっきとした科学的根拠のある物質なんですよ。

 

ビタミンB1は豚肉や豆、穀物、牛乳など様々なものに多く含まれており、

神経痛、筋肉痛、関節痛に効くとされています。

 

そのため、ビタミンB1を適切に取れば関節痛の痛みは減るはずなのですが…

このビタミンB1は結構厄介な栄養素で、食物から栄養を吸収するまで半分近く無くなってしまうのです。

 

そこで、関節痛を抑えるためには「どれだけ体内でビタミンB1を効率よく吸収するか」が重要になってくるのです。

その助けになるのが先ほど出てきた「フルスルチアミン塩酸塩」なんですね。

 

フルスルチアミン塩酸塩をどうやって取るか

 

「で、結局"フルスル~…"みたいなのはどうやって取るの?」

 

市販や処方箋でも、フルスルチアミンを含むサプリやお薬は多くあります。
有名なのは「タケダのアリナミン」ですね。

 

ただ、アリナミンは「疲れに効く成分」を多く配合しており、

疲労回復や予防に効果をもたらすこと専門の錠剤です。

 

関節痛や神経痛を抑える成分も多く配合しているのは、

相撲の元千代大海関のCMでおなじみの

痛み飛んでけ!トンデケア」があります。

 

フルスルチアミンの他にも、血流の促進や神経の働きを支える有効成分が入っており、

関節痛に合わせた専門の医薬品です。

 

今だと、割引価格や膝にまくサポーターセットなどもついてくるので、ぜひ検討してみてください。