暇な時にはdTVで映画・ドラマが最強説

dtv01

今年のゴールデンウィークは10連休!

こんなに長く休める機会は滅多にないですよね。ありがたいことです。

 

「10連休!!海外旅行!ヨーロッパはどうだろうか!アジアも捨てがたい!」

 

…そんなふうに考えた時期が私にもありました…。

 

鼻息も荒く、いろいろと調べてみた結果、現実は航空券もホテルも軒並み高騰…。

 

結局、早々に私は旅行はあきらめました...

 

こうなると10日間ものお休み、実はちょっと持て余す説。

 

「自宅でのんびりといっても、何したらいいんだ」

という人もいるかもしれません。

 

そんな方にインドア派の私がお勧めする過ごし方が、

「動画配信サービスで映画・ドラマを楽しむ」です。

 

たまには映画やドラマをゆっくり見るのも良いものですよ。

安いものだと月額500円程度で見放題ですし。

 

ちなみに私はいくつかの動画配信サービスに加入していて、

海外ドラマは●●のサービスで観て、日本のドラマやバラエティ番組は▲▲で観て…

といった感じで、見たいタイトルなどで使い分けしたりしています。

 

“動画配信サービス、興味あるけど、結局どこがいいのかわかりづらい”

 

という声もちらほら聞きます。

 

まあ、わからないと思います…

 

配信タイトル数や月額料金くらいの情報だけだと選ぶことは難しいです。

 

「まだ動画配信のサービスをあまり使った事が無い」という人には、私は迷わずdTVをお勧めしています。

 

コアな映画・ドラマファンじゃなければ、まずはdTVを試してみれば間違いないです。

 

「でも・・・NTTドコモ使っていないとdTV使えないんでしょ・・・?」

 

と誤解されている方もいるのですが、

使っている携帯電話のキャリアと関係なく、誰でも使えます。

 

 

dTVお勧めの理由

(※記載している情報は2019年4月23日時点のものです。現在の状況についてはdTVのウェブサイトやアプリで確認してください)

 

なにゆえdTVがお勧めなのかという理由ですが、

ポイントは5つ

 

・月額500円(税別)と最安クラス

・ダウンロード視聴可(※非対応作品も有)

・1.5倍速、2倍速の再生機能

・基本的な有名ドコロの映画・ドラマも結構押さえている(公称12万作品)

無料お試し期間あり(31日)

 

月額が安いのはうれしいですね。ほかの動画配信サービスが1000円前後のものが多い中、かなり安いです。しかも初回に限り無料お試し期間が31日間あります。なんとこのお試し期間中に解約した場合はお金はかかりません

 

「でも・・・お安いぶん、内容がアレ(残念)なんでしょ・・・」

 

と思った方、安心してください。コンテンツもしっかりそろっています。

 

公称では12万作品あります。

dTVのサイトでは会員じゃなくても配信している作品を検索することができます。

事前に目当てのコンテンツがあるか確認できますね。

 

ちなみに、わかりやすいところで「アカデミー賞作品賞受賞」だと、

2000年以降のものではこんなのが見放題で視聴可能です

(※2019年4月23日現在の情報)

 

2017年 ムーンライト

2016年 スポットライト 世紀のスクープ

2014年 それでも夜は明ける

2011年 英国王のスピーチ

2009年 スラムドッグ$ミリオネア

2007年 ディパーテッド

2001年 グラディエーター

 

 

そして、1.5倍速・2倍速再生ができるのですが、実は他のサービスにはあまり無い機能なんです。

海外ドラマなんかで、話が間延びしているときなんかに便利ですよ。

 

 

視聴方法は、スマホやパソコンなどのインターネットに接続できる機器で観ることができます。

 

「動画配信サービスは初めて」という方や、すでにどこか使っていて「比べてみたい」という方には、

まずはdTVを試してみることをお勧めします。

(※記載している情報は2019年4月23日時点のものです。現在の状況についてはdTVのウェブサイトやアプリで確認してください)