「GWは自宅派」に朗報!このドラマと映画が凄い

Child focused on tablet, sitting on white bed. Toned image with sun light effect. Theme of modern technologies

 

今年のゴールデンウィークは10連休!

旅行に出かけたひともきっと多いんでしょうね。

いいなあ・・・旅行・・・。

 

私はというと、鼻息荒く旅行先を探したものの航空券とホテル代の価格高騰に心が折れ、自宅でのんびりと過ごすことにしました。

 

でも、実は私のような「自宅派」は意外と多いんですね。とある調査によると、3割~4割程度は「連休は自宅で過ごす」と回答しているようです。

 

私は自宅で何するかというと、王道のドラマ・映画三昧の予定です。これはこれで楽しいんですよ。

 

ということで「今年のGWは映画やドラマでも見てみようかな~」という人に、GWを充実させてくれるイチオシのドラマ・映画をご紹介です!

Huluで視聴できます ※2019年4月17日現在の情報)

 

■海外ドラマのイチオシ

ゲーム・オブ・スローンズ

(Game of Thrones)

 

日本ではなぜかウォーキング・デッドなんかの方が知名度が高くて、

このドラマをまだ見ていない人も多いのですが、実はとてつもなく凄いドラマなんです。

 

中世ヨーロッパ風の世界を舞台にしたスペクタクル巨編で、これまでにシーズン7まで放送されていました。

今年の4月から放送のシーズン8で完結するので、今、全米がざわついています。

 

そんなゲーム・オブ・スローンズの凄さが伝わりそうな豆知識をちょっとご紹介します

 

凄いポイント1:賞獲りまくってる

エミー賞という、いってみればテレビ版アカデミー賞のようなものがあるのですが、

ゲーム・オブ・スローンズはこのエミー賞で毎年のようにノミネートされ、2015年、2016年、2018年と作品賞受賞。

 

その他の脚本賞・監督賞などなどを合わせると、132の賞にノミネートされ47の受賞をしています。

エミー賞史上最も多くの賞を獲得した作品です。

 

凄いポイント2:予算かけ過ぎ

これだけの人気シリーズだと、予算もすごいんです。

 

日本のドラマだと、1話あたりの予算はだいたい2,000万円~5,000万円くらいといわれています。

このゲーム・オブ・スローンズ、直近のシーズンだと、だいたい1話10億円(1,000万ドル)かけています。

 

1シーズン10話構成だったので、1シーズンの予算が100億円程度

大作映画並みの製作費です。

映像を紹介できないのが残念ですが、セットから衣装や小道具に至るまで、しっかり作りこまれていて、スケール・迫力ともに凄い映像ですよ。

 

凄いポイント3:製作陣

ちなみに製作総指揮はデイヴィッド・ベニオフという人です。作品とは関係ないですが、この人のお父さんはゴールドマン・サックスの社長でした。従兄弟にマーク・ベニオフという人がいますが、この人はセールスフォース・ドットコムの創業者です。なんかすごい一族ですね…。

 

もう一人の主要な製作メンバーのD・B・ワイスとデイヴィッド・ベニオフの二人は、スターウォーズの次回シリーズの脚本と制作を担当することが決まっています。製作陣が優秀なだけあって、ストーリーもしっかりしてます。

 

実力派の製作陣と巨額の予算、面白くないわけが無いです。

 

どこで見れる??

ちなみに、Huluで見ることができます。(2019年4月17日現在)

月額933円ですが、2週間の無料トライアルもあります。

トライアル期間中に解約した場合はお金はかかりません

 

まだHuluを使った事が無い人はお試し登録して、ゲーム・オブ・スローンズをぜひ見てください!

Hulu

(※紹介している作品や情報は、2019年4月17日時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください)

 

 

 ■映画のおすすめ

 

映画は好みでいろいろと意見が分かれますので、分かりやすく
Huluで視聴可能な2000年以降のアカデミー賞の作品賞受賞作
をまとめてみました。(※紹介している作品や情報は、2019年4月17日時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください)

 

ムーンライト
2017年 作品賞含3部門受賞

 

アルゴ
2013年 作品賞含3部門受賞

 

ノーカントリー
2008年 作品賞含4部門受賞

 

ディパーテッド
2007年 作品賞含4部門受賞

 

特に「ムーンライト」は2017年の受賞作品ですのでまだ見ていない方も多いかもしれませんね。

その年本命といわれていたのは「ラ・ラ・ランド」でした。

 

ちなみにムーンライトの製作総指揮はブラッド・ピットです。(実はブラッド・ピットはプロデューサー業にも力を入れていて、過去にはアカデミー賞作品賞の「それでも夜は明ける」でも製作者として関わっています)

 

他にもHuluにはたくさんコンテンツがあります。映画やドラマ併せて5万本があるそうなので、一度お試ししてみてはいかがでしょうか?

 

月額933円ですが、2週間の無料トライアルもあります。

(トライアル期間中に解約した場合はお金はかかりません)

 

(※紹介している作品や情報は、2019年4月17日時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください)

Hulu