2020年から小学校で英語が必修化!親として知っておきたい事

Sponsored
Friends Friendship Outdoor Dining People Concept

いよいよ2020年から小学校でも英語が必修科目になりますね。

 

私が子供のころには想像もしていなかったのですが、小学校の通信簿にも「英語」の項目が追加されるんですね。

 

子供たちが英語を話せるようになるのかと思うと、ちょっと楽しみなような気もします。

 

将来、海外旅行に連れて行ってくれるといいなあ…。

 

私は英語に自信が無いので、不安も少々。

 

「ママ、craneってなあに?」

 

なんて質問されても、ぱっと教えてあげられないかも…。

(ちなみに”crane”は鶴です。”クレーン”車っていいますよね。確かに鶴っぽい)

 

さて、2020年からの英語必修化、具体的にはどんな事を子供たちは学校で習うんでしょうか?

 

 

■小学校3・4年で習うこと

レアジョブmama01_M

挨拶、ジェスチャー、アルファベット、数の数え方、基本的な質問の仕方(時刻、数.etc)などを習います。

 

ちなみに、3年生が習うジェスチャーに

“Give me five”

なんてものもあります。

 

日本では「ハイタッチ」なんていいますよね。

急に子供に「ギブミーファイブ」なんて言われても、反応できる自信ない…。

 

3・4年生が習う内容を簡単にまとめると、

まずは英語に触れあうことを主体としたもので、「聞く」「話す」を中心としています。

 

■小学校5・6年では

 

レアジョブママ02_M.jpg

 

高学年になると「読む」「書く」も加わって、正式な「教科」になります。

つまり「成績」が付くようになります。

授業の内容も高度なものになり、文の構造や語順なども意識した内容になるようです。

 

6年生向けの英語教材を見ると

「中学校生活に向けた思いを英語で発表しよう」

なんていう項目もあったりして、ちょっと驚き。

本当にここまでできるようになるんでしょうか。うちの子、落ちこぼれないかな…。

 

言語の学習は年齢が低ければ低いほど効果が高いことは、以前からわかっていますので、小学生のころから英語に触れる機会が増えることは、たしかに良い事だと思います。

 

 

■教える側の準備って大丈夫・・・?

 

レアジョブmama03

 

ところで、小学校の先生方って英語できるんでしょうか?

 

文部科学省の調査では、8割以上はそのまま学級担任の先生が英語も受け持っているようです。

専門の外国語指導助手の活用も増えているようですが、まだまだ数は少ない状況。

また、小学校の先生のうち、英語を教える事ができる教員免許を持っているのは約6%程度。

 

10年後、20年後には全然違う状況になっていると思いますが、この移行期のタイミングではやはり、学校によって、英語教育の質にばらつきが出てしまわないか心配になります。

 

少なくとも、子供たちには小学生のうちから英語に苦手意識を持つようにはなって欲しくないですね。

 

また、国の教育制度が変わる過渡期だから仕方ない、とあきらめるのではなく、何か親として備えておきたいものです。

 

■親としてどんな事ができる…?

 

レアジョブmama04.jpg

 

英語が得意ではないパパ・ママは、今のうちから英語・英会話の勉強をしておくのも一つの選択肢。

今は英語学習のアプリなんかも充実していますから、昔よりは格段に勉強しやすい環境にあると言えます。

 

ただ、『受験英語』が中心だった私たちの世代にとって、「英会話」は苦手な分野。

これを機会に、基本的な英会話のおさらいをするのも良いかもしれません。

英語が使えるようになれば海外旅行も楽しくなるし、一石二鳥♪

 

そうした英会話の勉強をするときはオンライン英会話が便利です。

 

安いものだと、1レッスンあたり200円を切るものもあります(月額6,000円前後・毎日1レッスン25分)

 

レッスンはネットにつながるスマートフォンかパソコンがあれば、空いた時間に受けることができ、外国人講師とマンツーマンで会話することができます。

 

こちらはレアジョブ英会話というオンライン英会話で実際にスマートフォンでレッスンしている時の様子です。

用意された教材をもとに、チャットも使いながらレッスンを進めます。

 

reajob SP lesson02

 

オンライン英会話大手のレアジョブでは、教材も「挨拶」「自己紹介」などの初歩レベルからビジネス英会話レベルまで10段階に分かれていますので、自分にあったレベルから始める事ができます。

 

レアジョブ英会話は登録は無料で、初回登録時に25分の体験レッスンを2回無料で受けることができます。

体験までならお金はかかりませんので、一度お試ししてみては?

 

>>レアジョブ英会話の詳細はこちら

 

また、オンライン英会話は、ある程度基礎を学んだ小学校高学年以上の子供に「生きた英会話」を勉強させるのにも良いかもしれません。

 

教科書に載っている英文を練習するのではなく、子供のうちから外国の人と「英語で会話をする」というのは、とても良い経験になるのではないでしょうか?

 

※まだアルファベットが読み書きできない程度だと、このレアジョブ英会話では難しいと思います。「まだアルファベットも分からないけど、生きた英会話に触れさせたい」という場合は、レアジョブグループに「リップルキッズパーク」という別のサービスがあるので、そちらの方が良いでしょう。

 

※中学生以上のお子さんには「中学・高校生コース」があります。中学・高校生向けの研修・認定を受けた認定講師が担当しているようです。

 

>>レアジョブ英会話の詳細はこちら