海外でも配信開始!日本発の本格シミュレーションRPG「ファントム オブ キル」の魅力とは?

Sponsored
1

 

株式会社gumiと株式会社フジ・スタートアップ・ベンチャーズによって設立された、株式会社Fuji & gumi Gamesが打ち出す日本発の本格シミュレーションRPG「ファントム オブ キル」。

 

通称“ファンキル”の名で親しまれ、5月には海外版の配信も開始し、世界でも注目が集まっています。

 

今後ますます人気になりそうな本作。いったいどんなスマホゲームなのでしょうか?

 

舞台は、「天上世界」と「地上世界」の2つの世界

 

ファンキルは、伝説の武器の名をもつ謎の少女たちと、失われた記憶を探しながらいっしょに成長していく「天上世界編」と、好きなキャラクターを仲間にして育てながら、新しいゲームに挑む「地上世界編」の2つからなっています。

 

ファンキルに登場するのは【武器の名を持つ者】。そして敵である【魔物】と【異族】です。

 

4

 

【武器の名を持つ者】

 

主要となるのは、伝説の武器を持ち、力を発揮することができる人物です。人間を捕食する敵の脅威に対抗する唯一の手段で、人間を敵から守ります。しかし、その驚異的な強さや戦い後の恍惚とした表情により、人間からは忌み嫌われています。

 

5

 

【左:魔物】 【右:異族】

人間を捕食対象とし、悪魔からもらった力で弱いものをふみにじる「魔物」と、もともと人を監視して守るはずだったのに、神からもらった力で人間を捕食するようになった「異族」。

どちらも手ごわい相手です…!

 

ちなみに、【武器の名を持つ者】が装備できる武器の種類はこちら。

 

2

 

 

プレイ中は、「剣は斧に強く、斧は槍に強く、槍は剣に強い」というルールにのっとって、敵の弱点をつく武器を選んで戦略を導くことが、勝利への近道になります。

 

【武器の名を持つ者】は、伝説の武器から抽出される“キラーズ”と結合することで誕生。そこで一緒に戦っていくプリンセスたちがこちらです。

 

3

 

 

主人公を助ける可憐な少女ティルフィングや、少し頼りないけど優しい心をもったロンギヌス、やたらとハイテンションなフライクーゲル、冷静沈着でクールな司令官のアルテミス、酒豪で強運なテュルソス…などなど、個性的でキュートなキャラクターがずらり。どのキャラクターも魅力満載!

 

8

 

習得していくスキルや、地形の効果、武器の種類などを判断して一手を決めることで、戦況が大きく変わっていきます。戦いを通して【武器の名を持つ者】の能力がアップし、どんどんパワーアップ!

 

すでに300万DLを突破しているファンキルは、アニメーションの次元を超えた映像美も見どころ。壮大な世界観のなかで、親指ひとつでできるタップ&ドラックの簡単操作により、プレイのしやすさと深いゲーム性を両立しています。

 

さあ、あなたも戦略性とドラマを兼ね備えたファンキルで、主人公の失われた記憶を探し、平和を守る戦いに挑みましょう!

 

android

 

iphone

関連キーワード