「え、ココで撮るの!?」外国人に人気の「日本の面白スポット」

japan-217882_1920

日本に住んでいると、なかなか自分の国の見どころがわからなくなるもの。

日頃「当たり前」として過ごしている日常のなかでも、海外の人にとってはビックリするような光景だったりすることもあるでしょう。

いったいどんなスポットが海外の人に人気なのでしょうか?

 

 

5位:新宿ゴールデン街

60年代にタイムスリップしたかのように、昔のままの状態で残る新宿ゴールデン街。

まるでおもちゃ箱をひっくり返したかのような雑多な光景は、海外の人の観光スポットとしても人気です。

ジャズバーや文壇バーなど木造建ての店舗がマッチ箱のように狭い路地に並びます。

 

お店には老若男女、国籍問わずさまざまなお客さんが訪れているので、コミュニケーションをとりたい人は足を運んでみるといいかもしれませんね。

 

4位:両国国技館

やっぱり日本といったら「相撲」!と連想する海外の人も多い様子。定番の両国国技館は、屋根の向こう側にスカイツリーが見えることもあり、海外の人に人気の撮影スポットです。

1階にある相撲博物館の見学は無料。

 

席につくとテレビで見るよりもずっと立派な土俵が広がります。

座席では飲食OKなので、好きなものを飲み食いしながら観戦できるのも嬉しいですね。

 

3位:ちょうちんやのれん

「どこ」というスポットではなく、日本の居酒屋さんや屋台に現れるちょうちんやのれんも、外国人が好んでカメラを向ける撮影スポット。

「日本っぽいところがいい」と評判です。

ランチタイムにラーメン屋さんのカウンターでサラリーマンが並んで座ってラーメンをすすっている光景や、浅草寺の雷門などが人気です。

 

2位:雑多なネオン街

夜の大都会東京。特に新宿や池袋、渋谷などが人気スポット。

カラオケボックスや飲食店の看板など、赤や黄、青などのネオンが浮かび上がる光景に目を惹かれる海外の人が多いそう。

眠らない街東京のすごさを肌で実感できるスポットとして名高いです。

 

1位:渋谷のスクランブル交差点

そして驚きと感動を含む堂々の1位が、渋谷のスクランブル交差点です。

 

「あんなに大勢の人が一斉に横断歩道を渡っているのにぶつからないのが信じられない!」

 

「まるで合戦のようだ!」

 

と海外の人はびっくりするそうです。たしかに、高いところから眺めれば、その光景はまさに圧巻。信号の色が変わったと同時に、人がぞろぞろと密集して歩き出す様子に、シャッターを押す手が止まらなくなるんだとか。

 

海外の人の視点から日本をみてみると、改めて日本の面白さが伝わってきますね!

 

 

関連キーワード