身に着けるならコレ!学んでおいて損はないスキルって?

home-office-599475_1920

資格があると、就職しやすかったり、就職先によっては手当てがついてお給料がアップしたりと、何かとメリットがありますよね。

 

とはいえ、実社会に出ると資格よりも技術や経験が活きてくることも多いもの

どんなスキルを学べば損をしなくてすむのでしょうか?

 

ホームページ制作スキル

 

ひと昔前までは「IT系」というとなんだか最先端なイメージがありましたが、現代では企業活動とITは切っても切れない関係になっています。

 

ホームページが存在しない会社は信用がされないほどで「パソコンはよくわからないから」では済まされなくなっていますね。

必ず必要になっているものですから、最低限のスキルを身に着けておくことで重宝するでしょう。

 

エクセルワード

 

エクセル、ワードといったオフィス製品のサービスは、職種に関係なく利用することが多いソフトです。

 

難しいことができなくても構いませんので、基本的な機能くらいは利用できるという程度になっていないと、後々苦労するかもしれません。

 

ヨガやスポーツ

 

直接仕事に結びつくことは少ないかもしれませんが、健康を維持することや、体力をつけておくことは、体が資本の社会人には必須です。

 

ヨガや水泳など、自分が楽しんで行える運動を趣味にしてしまうのもおオススメです。

 

しっかり体を動かして、健康を維持しましょう。

 

楽器や絵画

 

趣味として始めるなら、楽器や絵画がオススメです。

 

仕事にこちらも仕事に活きることは少ないかもしれませんが、楽器や絵画といった芸術は、学校のテストや資格などと違い、点数では図れないものです。

 

点数で図るものに慣れてしまうと、こうした「点数のつけられない価値」をおろそかにしてしまいがち。

感性を磨くためにも、芸術を趣味にするというのも良いでしょう。

 

ボールペン字

 

ボールペンで字を書くということがめっきり減っていますが、まだまだその役割は完全にはなくなりません。

 

取引先企業への封書など、とっさの時に字が綺麗だと重宝しますので、綺麗な字を書けるようにしておくと良いでしょう。

 

読書

 

本の虫と言われるほどになる必要はありませんが、本には様々な知識が詰まっていることは確かです。

 

業務に関連する書籍を読まなければならないときに活字なれしていなければ、かなり苦労をするでしょう。

 

小説でもビジネス書でも良いので、本への苦手意識は無くしておいた方が良いでしょう。

 

現在の業務や、なりたい職業によって、必要な技術も様々です。

 

必要な資格と合わせて、それ以外の技術、スキルも合わせて磨いておくことが大切です。

関連キーワード